一人暮らし 生活費の枯渇から喧嘩

頼むから。なぁ…?「無理」畜生。そりゃ、一人暮らし 生活費はぎりぎりってのは分る。だが俺もほら…、財布は空っぽ。お前以外、頼める奴いねーんだ。

「馬鹿?例え、私が貴方のガールフレンドであれ、一人暮らし 生活費を出せると?」全部たぁ言わんよ。少し。ほら、せめて今月だけでも…。

「嫌よ」糞、ケチ!「ふぅ。大体、先月も同じ台詞、聞かされたわ」マジ?記憶にねーが。「一人暮らし 生活費尽きたー、煙草買う金も無い。

プリーズ、マネー!…って」へえ、物覚えが良いこった。「返して」あ?「ま、返済は後々でもいーけど。今は駄目」くっ。飢えろと?死ねと?白状者!

「いっそ貴方がくたばってくれた方が、一人暮らし 生活費浮くし、助かるわ」何つー女だ…絶対ロクな死に方せんぞ。

「その台詞、そっくり返すわ」ったく、しゃーねぇ。どっか、適当な金融機関で借りるか…。

「嘘でしょう?利子は?後々、見込みあるわけ?」ねーけど?「踏み倒す気?」お前なぁ、自己破産は常套手段。わりぃか?「最低…」