オーガニックファンデーションを思い切り勘違

オーガニックファンデーションを使い、毛穴すっきりよ!「あー、うー」どうしたの?「駄目」何?「さみゅー…」へ?

「寒すぎだよ、此処!なんでこうも、寒風びゅーびゅー、部屋中を突き抜け、吐く息が白くなる訳」まぁ、ロマンチック。

「どこが!」オーガニックファンデーションで、気分落ち着けて。「無茶言わんといて!」はぁ、相変わらず怒りっぽ。「悪かったわね」寒さ解消出来そう?

「勿論」へ?「ほら見て!」それ、何?「百均で購入したグッズ諸々」ちょ、オーガニックファンデーションは?「防寒グッズじゃねーから、それ」

まー。「とにかく、全身モコってる訳」んー、表現が謎。「あったかな毛皮沢山よ」毛皮?「嘘!えー…とにかく、温かくなった訳!」良かったね。

「それよか…」何?「オーガニックファンデーション、毎日使ってる?」勿論。「じゃあ、何故…」へ?「いや、ちょっと最近、肌荒れ凄そうに見えて」マジ?

「ごめん。黙るべきかどーか、すっごく迷ってた」いや、素直に忠告は受け止めるけど。「本当?」